スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい楽器とヒドい演奏

 先日素晴らしいギターの音色を聞いた。野崎というルシアの作ったクラシックギターで、生で聞いたクラシックギターでは今まで聞いた中では(大して聞いてないけどね)、別格だった。

 ところが、これを弾いてる人の(アマチュアなんで、どうでもいいんだけど)演奏はヒドイものだったんだけど、ほとんどギターが勝手に鳴っているんじゃないかというぐらい素晴らしい音色なのですな。ただ音楽にはなっていませんでしたが・・・

 下手な人、初心者ほどイイ楽器を使ったほうがいいだろう、というのは持論ですが、ありゃもったいないわ。上手い人はどんな楽器を持たせても、それなりに素晴らしい演奏聞かせてくれますからね。

 人前で演奏する事の意味をちょっと考えさせられた夜でした。僕には人前であんな演奏をする勇気は無いなあ。下手は下手なりの演奏スタイルというものはあるとは思うんだけど、難しいなあ。
 どんどん人前でやる事で度胸もつくし、上手くもなるのは分かっているんだけどどんなシチュエーションで、どんな風にやるかというのは、それぞれの人の中でしか決められない事だけど聞かされるほうはちょっと辛い時もあるって事です。

theme : 楽器
genre : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリー
blog photos
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジャンピエール

  • Author:ジャンピエール
  • 上越地域でホームページを立ち上げたいと思っている人は、とりあえず相談していただいてもよろしいのではないかと・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitor
edita.jp【エディタ】
このブログの目次
pictlayer
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©安こう
なかのひと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
写真素材

写真素材 PIXTA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。