スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔なじみのフレンチシェフが密かに・・・

 昔なじみのフレンチシェフが彼のビストロをCLOSEして数十年が経っていた。

そんなある日、妹からTELで「兄ちゃん、エスプリで食事会あるんだけど行かない?」。

「え、やってんの?行く、行く」と二つ返事で昨夜行ってまいりました。

レストラン再開の準備が終わって再開するという話は2,3年前からあったんだけど、そのままその話は流れてしまっていたのでビックリ。どうやら予約だけでやっているという事らしい。場所は知っているので、行ってみると案の定看板も何もない。レストランスペースの2Fに上がると、既にみんなそろっていた。自分で持参したギネスビールをグラスに注いで、2度目の乾杯で、いよいよ料理が始まった。

 料理が出始めるといつもの事ながら写真を撮るのを忘れてしまう。最初の2品ほどは完食してしまって後の祭り。以前の一般的なフレンチコース形式ではなく、会席タイプで小さな料理がどんどん手際よく出される。ほとんど待ち時間はなく、いいテンポ。料理名は忘れてしまったので写真をどうぞ。

DSC_6559.jpg DSC_6561.jpg DSC_6565.jpg
DSC_6565.jpg DSC_6569.jpg DSC_6571.jpg DSC_6574.jpg DSC_6581.jpg DSC_6584.jpg DSC_6586.jpg DSC_6590.jpg DSC_6591.jpg
DSC_6592.jpg DSC_6594.jpg

 どれも美味しくいただきました。昔の店で定番だった「甘エビのクリームスープ」の濃厚な味は昔の味のままでした。最後はフィレステーキだったのですが、その前に出された天然モノのホタテのソテー。これは絶品!!いつも食べているふわふわしたホタテとは全く別物で、しっかりとした歯応えと深い味は初体験でした。ちなみに、このホタテ、材料原価だけでも1個400円もするそうです。

 店内のテーブルや壁に取り付けられている美しい銘木のつき板(10枚以上あります)はシェフの道楽で集めたようで、どれも百万単位らしいです。一番高そうなのは600万とか言ってました。ドアなども、こうした板を使ってオーダーしたようですね。うるし職人さんの所に通ってかぶれながらうるし塗りを教わり、自分で塗ったそうです。ほんと、相変わらずの凝り性。

興味のある人は電話で予約してみるとイイです。

エスプリ
TEL:090-4817-8265(高木)
TEL予約受付時間:18:00~21:00
営業時間は夜のみです。

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリー
blog photos
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジャンピエール

  • Author:ジャンピエール
  • 上越地域でホームページを立ち上げたいと思っている人は、とりあえず相談していただいてもよろしいのではないかと・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitor
edita.jp【エディタ】
このブログの目次
pictlayer
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©安こう
なかのひと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
写真素材

写真素材 PIXTA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。