スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいものほど、すぐに古びてしまう

 東京の代表的な団地として有名だった高島平団地が住人の高齢化とともに限界集落となっている。この現象は現在のマンションブームの未来をそのまま映し出している。宝物でも手にするようにマンションに移り住む人たちは、この現実をどう見たのだろう。

 パリに住むことに強くあこがれる理由のひとつに、その住環境がある。

 パリの中心部にはマンションなどの住宅施設はほとんどなく、古い歴史を持つアパルトマンを直しながら使っているのだ。5F以上でエレベーターのないアパルトマンも珍しくなく、小さな部屋も数多く存在している。

 それでもパリに暮らす人々はこれらの不便だけれど愛すべき古いアパルトマンを自分流にアレンジしながら生活しているのです。この暮らしはとても素敵で、僕にとっては立派なマンションより、ずっと快適なんですね。

 アパルトマンのまわりには小さなお店がいっぱいあって、その店は常連さんであふれている。週に数回はどこかで市が立ち、どこも会話がはずんでいる。「人間が暮らしているなあ」と強く感じる街がパリなのです。あまり感じたことはないんだけど、ひょっとしたら自分は人間が大好きなのかもしれない・・・

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリー
blog photos
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジャンピエール

  • Author:ジャンピエール
  • 上越地域でホームページを立ち上げたいと思っている人は、とりあえず相談していただいてもよろしいのではないかと・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitor
edita.jp【エディタ】
このブログの目次
pictlayer
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©安こう
なかのひと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
写真素材

写真素材 PIXTA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。