スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WATERCONEというシンプルなアイデア

watercone

ドイツBMWグループのデザイナー、シュテファン・オーグスティン (Stephan Augustin) が考案した新しい概念の水のろ過機「ウォーター・コーン (Watercone)」

電気など動力など全く使わない太陽光エネルギーによるもので、多様な利用が考えられそう。災害発生時用の必須アイテムになるかもしれない。このウォーター・コーンでは、1日あたり約1.6リットルの飲料水を確保できる。
 また、そのデザイン性でMoMAやポンピドー・センターなどにも展示されている。写真は2004年にイエーメンの小さな漁村で2ヶ月ほどTESTされた際の写真。海水がろ過されて出来た蒸留水をさkさにしてバケツに入れている様子かな。

http://watercone.com

 これからの時代、「自動車会社は自動車を作る」といった単純な考えでは支持されなくなってくるのかもしれない。Appldeが既にパソコン会社としてよりiPodの会社として認識され始めているように。

  人々が欲しているもの、必要としているもの。そして何より自分たちに何が出来るのかを常に考えなければいけないのかもしれない。そしてそれが成功するにはその発案者自身がそれを欲したり、愛したりしてワクワクした気持ちの中で取り組んでいくことが必須。

 iPodは、その代表例だろう。自分が使うんなら、こんなデザイン・機能・価格であって欲しい。その結果どんどん進化して現在のiPodがあり、iPhoneがある。iPodは既に「音楽を聴くスタイル」で世界のスタンダードとなってしまった。

 まあ、この聴くスタイルについて僕は音楽ファンとしては批判的ですけどね。iPodは音楽を使い捨ての消耗品にしてしまったように思えます。ひょっとしたら今の音楽界自身がそういう方向に向かっているのかもしれないけれど、それでもiPodはそれを明らかに加速させているという意味ではGuiltyですな。

comment

管理者にだけメッセージを送る

なるほど

参考になります。

ボクは絶えず、身辺で発生する誰かの一言、何かの出来事、自分が口走った一言の中からそのエッセンスを抽出し、越し方の自分の文脈の中にしっくり来るもの探し続け、自分の生き方や生活や仕事の中に取り入れてきたのだなーと気がつきました。

更に、その姿勢でいいのだ、とも。

ありがとうございました。

WAVE 2/3 完成してます。
カテゴリー
blog photos
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジャンピエール

  • Author:ジャンピエール
  • 上越地域でホームページを立ち上げたいと思っている人は、とりあえず相談していただいてもよろしいのではないかと・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitor
edita.jp【エディタ】
このブログの目次
pictlayer
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©安こう
なかのひと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
写真素材

写真素材 PIXTA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。