スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のスターウォーズ

starwarsみょうな順番でスタートしたSWもついに最後を迎えた。観終えた最初の感想はシリーズ中で最も「悲しい」章だったことかな。
日本の時代劇の「勧善懲悪」ほど単純でないのは,
ある種の宗教性があるからだろうか?
 ま、それでもジェトコースタームービーの草分けとしてスピード感あふれる戦闘シーンなどの映像は年寄りの上に高所恐怖症の僕はシートをつかみながら時々目をふせなければならなかった。
最初の作品から20年以上もたって映像のデジタル化は各段に進んでいるはずで,比較して見たらきっとずいぶん違うんだろうなあと思う。
最後のロールバック見てたらロケ地が世界中に散らばっているのに初めて気づいた。チュニジアやらタイやら。
今回の章で脇役キャラの意味が始めて分かるのも「らしい」かな。

theme : スターウォーズ
genre : 映画

comment

管理者にだけメッセージを送る

カテゴリー
blog photos
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジャンピエール

  • Author:ジャンピエール
  • 上越地域でホームページを立ち上げたいと思っている人は、とりあえず相談していただいてもよろしいのではないかと・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitor
edita.jp【エディタ】
このブログの目次
pictlayer
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©安こう
なかのひと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
写真素材

写真素材 PIXTA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。