スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字をアニメーションしてくれるサービス

textanim2.0では文字の中でいろんなパターンが動くGIF画像を作ってくれる。日本語はダメだけど使い方で楽しめるな。

 フォント種類、画像パターンもけっこうたくさんあるので、組み合わせは相当な数になります。

zgJFSA1217464957[1]
XqIpej1217465229[1]
r9POBg1217465303[1]
l4w3wX1217464828[1]
hpG8Ob1217465056[1]
FuEiym1217465163[1]
aYjGWG1217465354[1]
a9TyQA1217465009[1]
4UhULw1217465105[1]
スポンサーサイト

大城蘭に注目♪

080228-085(s).jpg
 昨夜2FのTVから流れる歌声を下で聴いて、あわてて2FのTVを見るとステキな女性が歌っている。Youtubeで探すと数曲あって全部見ました。

 かざりっけのないVOCALスタイルはまさに好み♪顔もぴったし好み♪CD買おうかなと思ってます。

Liveを聴いた限りではまだまだヘタっぴですが、スタイルは大好きです。しばらく追いかけてみようかな。

Googleマップがさらに便利になっている!

Googleマップは何かと便利ですが、最近さらに便利になりました。
個人名を除くお店や会社などに全て名前が表記されています。ただし細かい表記は最大に拡大された時に表示されます。 そうじゃないと地図がぐちゃぐちゃになっちゃうしね。


大きな地図で見る

 ちゃーんと、僕の事務所にも名前が入っています。

オープンカーでドライブ

 友人の車(スーパー7)に便乗させてもらい専用の本格的なゴーグルをつけてランチを食べに行きました。

 うっ、熱い!!気温35度は下らない炎天下のオープンはもう大変!それでも走り出せば心地よい風がちょっぴり暑さを飛ばしてくれるものです。移転新装したフレンチレストランは田舎の自宅を改装したもので、なかなかの雰囲気で以前のお店より高級感あふれてました。

 美味しいランチとイカしたスポーツカーでのドライブ。今日は楽しいことをダブルでGETです。

7月21日のお手紙カフェに参加しました。

BubbleShare: Share photos - Play some Online Games.


 ご縁がありまして「お手紙CAFE」というイベントに参加させていただきました。5種類ほどのフォトカードを出品しただけです。(ぜんぜん売れませんでしたが・・)

 けっこうな入場者数でOPENと同時に大にぎわい。連休最終日という悪条件にもかかわらずビックリでした。CAFEブースでは買ったばかりのハガキにみんなせっせとお手紙を書いていました。こんな光景はとんと見たことがなくて新鮮でしたね。

 メールや携帯ばかりで手紙を書く習慣がどんどん無くなってきていますが、「手紙をもらううれしさ」を知ったら自分も書いてみようという気になります。素敵なハガキを選び、かわいい切手をはってポストに投げ込む。なんと素敵なことか!!

 あー、ラブレターを出す相手がいればなぁ・・・シクシク。

ブライアンウィルソン・トリビュート

NHKでブライアンウィルソン・トリビュートをやっていた。

いろんなミュージシャンが出てきてビーチボーイズの曲をやるんだけど若手ミュージシャンのはひどかったなあ。あれだけ洗練されたB.ウィルソンの曲が台無しだ。
ポール・サイモンやb.ジョエルといったベテランはそれぞれの持ち味を出していたけどね。

 最後に60を過ぎたブライアンが歌ったのが一番良かった。バックの演奏も腕利きのスタジオミュージシャンなんだろうけど、やっぱりオリジナルのビーチボーイズにはどうやっても勝てない。オリジナルというのは強いもんだね。

初めての接近?

twin2.jpg twin1.jpg

 テニスの自主トレを終えて事務所に戻ってくると、入り口のショーケースの上にジャンピエールとミシェルが座ってお出迎え。

 ややっ、向かい合って鼻をつき合わせる距離じゃないか!!

 二人はどちらもアメショなんだけど赤の他猫。寝る場所も別々だし、近くにいることはあってもくっついている事はまずない。たまに2匹をまとめて抱いたりすると、1分もしないうちにジャンピエールはうなり出して最後は2匹とも別々の方向に飛び出していく。

 あんまり珍しい光景だったのであわててカメラをとってきてパチリ。案の定、数枚撮っているとジャンピエールは恥ずかしいのか、とっとといなくなってしまった。

 ちなみに二人ともメンズです。

伊達に続けとテニス界復帰に便乗!

 伊達の華々しい復帰、最近見てなかったウィンブルドンでの熱い男子ファイナル。

 うーん、またテニスがやりたい!!と近頃強く思うようになった。ところがそう簡単な話ではないのだ。

 テニスを止めて2,3年後に昔のテニス仲間に誘われて、しまってあった道具を持って行ったのはいいが、体が動かないのだ。ボールはなんとか打てるんだけれど、心臓があおって5分も続けられないんだね。

 再びテニスコートに立つ前に体作りとウォームアップが必要なのだ。都会のように一人で出来るテニスマシンでもあればイイんだけれど・・・ そこで壁打ち出来る場所がないか探し始めた。昔文化会館の大きな壁でやっていたんだが、あの壁意外に薄いようで中で音がするらしんだね。怒られたことがある。

 なかなか見つからない。国体のために新しく出来た超立派な運動公園にも行ってみたがコートだけ。昔友人が壁打ち出来る場所があるとか言っていたのを思い出し、彼と現場まで行ってみた。

おーーーーっ、あった!ちゃんとテニスの半コートがあって、緑に塗られたコンクリート壁がある。本格的な施設だ。全く使われていないのか、隣にある1面のコートには亀裂が入り、修復もされていない。こりゃあ誰も来ないわな。まさに専用練習場だぞ。

 というわけで本日が壁打ち特訓初日と相成りました。息が切れるのなんの・・・・最初は思うようにボールをヒット出来なかったんだけど、だんだん鳴れて5球、6球と続くようになると苦しいの苦しくないの(いや苦しいんです)。ラリーが続く間って息継ぎしてないのかもしれない。

 10球、20球と続くようになるまで、まずはがんばろう。それからサーブ、ボレーだな。
サーブは何となく打てたけど、打ってるって感覚じゃなくて当たったって感じ。

うぅぅぅぅ  今に見てろ!

ダークサイド of iPhone 3G

 iPodやiPhone 3Gは資本主義社会の中の理想的な(メーカーにとって都合のいい)消費者を作り上げようとしている。これらはいかにもスマートなライフスタイルをしているように見せる工夫に溢れている。というよりは、そう仕掛けられていると言ったほうがいいかな。

 いづれもデジタル技術によってユーザーに「便利さ」を与える事で、それが「スマートなこと」なのだと意識させる事に成功した。「便利さ」=「スマート」という発想がそもそも幼稚なんですが、意外に気づかれていないんですね。

 「便利さ」というキーワードで文明は進化し、いまそれによって地球が崩壊しようとしている事をみんなすっかり忘れてしまっている。それは「デジタル」というカモフラージュゆえなんですね。

 iPodによって音楽が身近になったように言われているが、実は音楽が消耗品になっただけなんですね。レコードをジャケットから取り出して注意深く針を落とし、ライナーノーツを見ながら音を聴く。音楽だけに集中する時間をアナログの時代は用意してくれた。
 逆に歩きながら音楽に没頭することはないだろうし、逆に没頭されたら回りの人には全く迷惑極まりないことになってしまう。

 さてiPhone 3Gはどうなんだろう。さらに便利にはなるが「便利さを享受」出来たからと言って、その便利さから何かをつかむ時には現実に立ち戻る必要があるのです。iPhone 3Gで見る映画は映画館で見る映画から得られる感動の何%の感動を得られるんだろうと懸念してしまう。

 オモチャとしてのiPhone 3Gには大いに興味があるけれどオモチャはオモチャだ。インターネットでは例えばGoogleEarthで世界中を見ることは出来るが「街の匂い」を感じることは絶対に出来ない。人のやさしさを実感することも出来ない。

 賢い消費者などというのはあり得ないだろう。消費文明に背を向ける事こそが、これからの世界を正しい方向に導くだろう。「スマートなライフスタイル」というのは「消費しないこと」であり「体を動かすこと」だと意識したいものだ。

地球人の作ったUFO


 どんな原理で飛んでいるのかは良く分からないけどスゴイ!!!

http://www.cinimodstudio.com/ufo-project

2008年7月、ニューヨーク在住の芸術家Peter Coffin氏と、ロンドン在住のインタラクティブな建築家Dominic Harris氏とが手を結び、独自設計の「UFO」を飛ばしてみせた。

この謎の飛行物体がポーランドはグダニスクを浮遊すると、小さな街の市民たちのあいだに衝撃と畏怖が広がった。

英Cinimod Studio社を率いるHarris氏によると、『Peter CoffinのUFOプロジェクト』製作になるこの円盤は、直径約7メートルのアルミニウム製で、ソリッドステート・ドライブ(SSD)搭載コンピューターが制御する発光ダイオード(LED)を約3000個装着している。

「6キロワットの発電機が積みこまれていて、電力をシステムに供給する」とHarris氏は言う。「UFOは全体をショート・メッセージ・サービス(SMS)のメッセージ送信で遠隔操作できる」

直江津図書館のいかやへの移動に反対してくれた議員さんたち

直江津図書館のいかやへの移動については不況にあえぐいかやへの救済ではないか?という意見が市民の一般的な感情だったと思っています。あれだけ騒ぎになっていたにもかかわらず議会では賛成37:反対10の圧倒的多数で可決。

 「えーっ?」って思った市民は決して少なくないはずだ。たった1回のワークショップでいかや移転を決めた市も市だが、それをあっさり認めてしまう議員の罪は深くて重い。

 そんな中反対の意思表示をしてくれた議員が10人だけいた。サンキューです。次回の選挙前には、WEBで必ずこの採決についての結果を再度公開しますね。

<反対>
平良木哲也(日本共産党議員団)、上野 公悦(日本共産党議員団)、
中川 幹太(緑の会)、     橋爪 法一(日本共産党議員団)、
樋口 良子(日本共産党議員団)、小関 信夫(市民クラブ)、
塚田 俊幸(市民クラブ)、   森田 貞一(市政クラブ)、
近藤 彰治(市民クラブ)、   本城 文夫(市民クラブ)

計10人

<賛成>
滝沢 一成(1人会爽創)、波多野一夫(市政クラブ)、 林  辰雄(市政クラブ)、
鴨井 光夫(創風クラブ)、大島 洋一(創風クラブ)、 瀬下 半治(創風クラブ)、
武藤 正信(創風クラブ)、内山 米六(創風クラブ)、 草間 敏幸(政新)、
笹川 栄一(政新)、   柳沢 周治(市民クラブ)、 塚田 隆敏(毘風)、
高波 勝也(毘風)、   山崎 一勇(市政クラブ)、 矢野  学(市政クラブ)、
吉田  侃(市政クラブ)、宮崎 政国(創風クラブ)、 渡辺  隆(創風クラブ)、
松野 義之(創風クラブ)、飯塚 義隆(創風クラブ)、 滝沢 逸男(創風クラブ)、
江口 修一(創風クラブ)、田中 吉男(政新)、    田村 武男(政新)、
岩野 虎治(毘風)、   杉田 勝典(公明党)、   上松 和子(公明党)、
永島 義雄(無所属)、  小林 克美(市政クラブ)、 石平 春彦(市政クラブ)、
栗田 英明(政新)、   岩崎 哲夫(政新)、    古澤  弘(政新)、
大島 武雄(政新)、   佐藤  敏(毘風)、    水澤 弘行(毘風)、
小林 章吾(毘風)                         計37人

※以上、氏名の順番は7月5日の上越タイムス掲載による

フォルクスワーゲン「リッター100キロ」車発売へ

BubbleShare: Share photos - Powered by BubbleShare


リッター100km ってバイクを越えてるゾッ!
車両重量たったの300kg。昔メッサーシュミットって小さな車があったけど、あれの未来型みたいな感じだね。二人乗りで、前後に座るスタイル。写真で見たかぎりだと後ろ席に大人はムリでしょ。横窓もなく、閉所恐怖症じゃなくても息苦しくて1時間が限界と見た。

さすがに価格はお高いようで、店頭表示価格は2~3万ユーロ(およそ340~500万円)の範囲になるはずってことらしい。燃費はイイけど買えません。(残念!!)

パリがらみ?でKing of SUMO

絵を描ける人がうらやましい・・・



チョークでここまで描けるんだからスゴイ!!

http://kokuban.in/view/1211364240
で描いている様子が見れるよ。
カテゴリー
blog photos
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジャンピエール

  • Author:ジャンピエール
  • 上越地域でホームページを立ち上げたいと思っている人は、とりあえず相談していただいてもよろしいのではないかと・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitor
edita.jp【エディタ】
このブログの目次
pictlayer
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©安こう
なかのひと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
写真素材

写真素材 PIXTA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。