スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしなことになって来ている

 どんな種類の代替エネルギーを見つけても何も解決しない事が、ますます明らかになって来た。

 ガソリンに代わるエネルギーとしてバイオエタノールがアメリカ中心に拡がっているが、その原料がとうもろこしという食料だという事を見逃してはいけない。食物をエネルギーににしてしまうという一番やってはいけない事を何故だれも非難しないのだろう。

 すでにとうもろこしは金の亡者「ファンド」のターゲットとなってしまっている。世界に多くの飢餓が現実にあるのに食料を放棄してしまっているのだ。

 さらにアメリカのとうもろこし生産者は食用でないとうもろこしなら遺伝子組み換えでもかまわないだろうというビジネスだけの視点で生産物を危険なものに変えようとさえ考えている。

 一度遺伝子組み換え農産物を作ったが最後、その土地でまともな農作物を作ることは困難になるだろう。戻れない道に彼らは進もうとしている。

 パソコンに向かってマウスをクリックする事が最高の金儲けだとするのが資本主義の終結なら世界はマウスクリック1つで崩壊することになるだろう。
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

初音ミクプロモビデオ

アハハ、ヒマだねー。
ビデオもやっつけました。Youtubeデビューです♪

初音ミクにオリジナル曲を歌わせた

初音ミクってだれ?
人ではありませんが、歌ってくれます。
DTMと呼ばれるコンピュータで音楽を作る技法があります。今では普通に発売されている音楽CDの中にも本当の(生の)楽器でないものが、かなり多く使われているのを知らずに聞いている人もけっこういると思います。
 小室の音楽にはほとんど生楽器はありません。しかしヴォーカルだけはなかなか上手く表現できずにいたのですが、いきなり進化したのです。聞いた瞬間誰しも人間が歌ってるとしか思わないほど、かなりリアルなのですね。

 実は私めはギターを初めて持った瞬間から作曲を同時に始めていたのです。作った曲は数百になると思うんだけれど多くはとうの昔に忘れていて手持ちはそう多くありませんが・・・

 曲を作ったものの自分の声は好きでなくて、自分の曲にピッタリのヴォーアルにも出会えずもんもんとしていたところに、このソフトが登場!さっそく歌わせてみました。

LISTEN!

前後して外国(スウェーデンだったかな?)で作られたSWEET ANNという女性ヴォーカルもあって、こちらは大人の女性ヴォーカル。いずれ彼女にも歌わせようと思ってます。男性ヴォーカルなんかも出てきそうな勢いなので楽しみです。

Picasa ウェブアルバムがさらに強力に!

pwa_geo[1].png 今まで地図関連はGoogleマップで、写真関連はPicasaで管理していたんだけど、ついに合体しました!旅が好きな人間にとってハンパなくうれしい機能だから。

 Googleアースでは以前からこれに近いサービス(Panoramioだったかな?)があって、この会社も結局Googleが買ったんだけどね。今度は写真アルバムとして束ねておいたフォトを後から地図にドラッグするだけでOK!まさにこれが欲しかった。

Picasaウェブアルバムで、処理したいアルバムをクリックすると上のメニューに「マップ表示」というボタンが追加された。これこれ!あとは見ながら地図の上に写真をのせるだけ。


養老孟司

 BSで養老孟司のトーク番組があった。数々のベストセラーを書かれている人物だが、個人的には1冊も読んでいない。だが、この番組をきっかけに何か読んでみようかなと思わされた。

 トークは様々な分野に渡って、教育、環境、人間そのものなどについて行われた。どのジャンルでも新しい視点で鋭く突いていた。たとえば環境問題については物理学でいえばエントロピーの法則を通じての解説が際立っていた。

 新しい秩序を確立すれば、もう一方で無秩序が増大するというものだ。代替エネルギーを模索しても必ず別の問題が起きるということで、アメリカ型のエネルギーに依存した社会をもう一度見直そうという事だ。

 たしかに訳の分からない「便利さ」と引き換えにエネルギーを消費している事をこれからは見直していかなければならにという事を語っていた。

 僕は以前から自動販売機の全廃を事あるごとに訴えてきた。これもそうした「必要なのか?」という視点で考えたものだ。自分でもまれに使うことはあるが、基本的には無くても何も困らない。日本全土の自販機が使っている電気量はちなみに原発数機分だという話を聞いたことがある。つまり自販機を撤廃すれば原発の新設は不要になるだけでなくそれに伴う空き缶などのゴミ削減にもつながる。何故こんな簡単な事が政治的に規制できないのだろう。

 これが企業から政治への圧力なのは目に見えて確かだ。そしてその危うい便利さをありがたがるように人間を洗脳している。一人一人が自販機を使うのを止めるだけでも自販機は自然に無くなるんだけどね。

 こんなに自販機のある国は世界中探しても無いんですよ。あのアメリカでさえね。セブンイレブンはアメリカで始まったけれどアメリカじゃ夜中は開いてないです。ニューヨークだって夜中は暗くて静かです。パリに至っては路上に自販機見たことないです。

 何の疑問も持たずに何でも当たり前だと思ってしまう事から脱却しましょう。世界は変えられます。地球も救えます。僕が変われば、そしてあなたが変われば。
カテゴリー
blog photos
最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ジャンピエール

  • Author:ジャンピエール
  • 上越地域でホームページを立ち上げたいと思っている人は、とりあえず相談していただいてもよろしいのではないかと・・・
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitor
edita.jp【エディタ】
このブログの目次
pictlayer
その他の言語 Ver.2
日本語版
English Version
中文版
한국어
Version Française
Deutsche Version
Versione Italiana
Versión Española
Versão Portuguesa
©安こう
なかのひと
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
写真素材

写真素材 PIXTA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。